♡あなたのふるさとになりたい♡新春西会津ナイトを開催しました

IMG_2572
福島県西会津町産の食材を使った料理やお酒を囲み、町の皆さん、お客様と楽しい時間を過ごす西会津ナイト。今回は西会津町の伊藤町長がご参加くださり、まちの新しい動き、これからの農業など熱い話題で大いに盛り上がりました。

CIMG6784
今年度3回目の西会津ナイト。今回も満員御礼です。

12410529_470547119800039_4378728195403056911_n
この日ゲストでお招きした渡部農園の渡部佳菜子さんが育てた雪下キャベツ、甘くてみずみずしい軟白ネギを使って、kura-cafeスタッフが調理開始。
CIMG6775
雪下キャベツ、甘くてシャキシャキです。福島のイカにんじんも人気メニュー。

CIMG6778
お客様が続々と。町役場の皆さん、いつも商品を送って下さる西会津のフロントラインさん、スタッフを含めると約30名。

CIMG6805
伊藤町長による乾杯の音頭!若者も一緒になり町を盛り上げている様子をお聞きしました。2月14.15日の雪国まつり、「新しい発見と創造のある冬の西会津」へのお誘いもいただきました。

CIMG6827
この日が初参加の方、西会津大好きファンの方、西会津出身の方、渡部佳菜子さんのファンの方、震災後のボランティアをされた方、地域おこし協力隊にご興味がある方、ご近所の方などさまざまな顔ぶれ。

CIMG6836
初対面の方も、膝突き合わせて
CIMG6830
お酒を酌み交わしました。栄川酒造さんのお酒「こゆりちゃん」、新酒と一年間飲まずに置いておいたものを飲み比べ。「ずいぶん深い味わいになってますね」

CIMG6796
この日のために寄せられた写真も紹介しました。西会津の今年の初日の出、メイプルシロップに使うイタヤカエデカエデの樹液を雪にまみれながら採取する様子、町の名所の写真などなど。

CIMG6844
渡部佳菜子さんからは、農業を始めたきっかけや震災後のこれまでの様子など話していただきました。幼い頃からご両親の農業に誇りを持って働く姿を見て育ち、あこがれ、農業短大を卒業2日後に震災が。くじけそうになったけれど、多くの先輩や仲間に支えられて何とかここまでやってこれたということです。

もともと、人見知りで口下手とおっしゃる渡部さん。「震災はつらい経験だったけれど、震災がなければ、こうして今、目の前にいて下さる多くの方に出逢うことはなかった。こうした活動をすることもなかった。人とつながる、人とかかわる、人に伝える機会をいただいたので、自分で足を運び、求められることをしようと思うようになりました。」

「農業はこれから面白くなる。」
渡部さんがお父さんから聞き、心に刻んでいる言葉だそうです。

CIMG6859
「自分で育てた野菜は今も検査を受け出荷している。安全のためとわかってはいるけれど、悔しい気持ちもある。検査という大きな壁はあるけれど、人に伝える活動をとおして福島全体を盛り上げたい。それには皆さんの力が必要です。」と、時には言葉を詰まらせながら語る姿に、会場の皆さんの温かい拍手が送られました。

CIMG6867

帰り際には、フロントラインさんがしいたけの袋詰めをご用意くださり、参加者のみなさんも大喜び。西会津を満喫した充実した夜でした。

 

 

※この記事は西会津町の福島特定原子力施設地域振興交付金事業に基づくものです。