和合むらの吉田さんを迎えて

先日長野県の最南端、阿南町で地元のお母さんたちとこんにゃく作りに取り組んでいる和合むらの吉田弓さんを招いて、ミニイベントを行いました。テーマは「限界集落の魅力」。

11163785_374222996099119_1061368877990745628_n

吉田さんが東京からIターンにして和合に移り住んだのは約15年程前。その頃の集落の人口は350人でしたが今や250人。一人また一人と高齢の方がなくなっていくと集落全体が悲しい気分におおわれるそうです。

存続も危ぶまれる状況で、集落もIターン者に徐々に慣れ、移住する人のライフスタイルや人格を個性として受け止められる雰囲気になってきているそうです。

いろんなことがあるけれど、和合から出ようと一度も思ったことはない、という吉田さん。自然の移り変わりにあわせて知恵にあふれた生活があり、食文化がある。和合の「暮らし」に惚れているから、ですね。

現代に生まれて、そのすべてを引き継ぐことはできないけれども、一部でも和合の伝統の食文化を残していきたい。こんにゃくづくりを続ける根底の思いをお聞きできました。

IMG_0897 (1280x853)

そしてさしみこんにゃくに次ぐ美味しいもの発見!

写真の唐辛子味噌。地域で大切に守り作られてきた鈴ヶ沢地区の南蛮。これを原材料にしょうゆや麹を入れて作っています。(お味噌は入っていません)。超辛いのですが悶絶する辛さではなく、後味が実にすっきりしているので、くせになります。暑い夏にきゅうりにつけてバリバリいただきたい!

これからkura-cafeでも扱います。(1ケ470円)

10672369_657950750978150_4842588416686597151_n

次回は唐辛子味噌で夏野菜を食べながらの交流会なんていうのもいいですね~!

和合むらを応援したいと思った方は是非ご連絡ください。kura-cafeから商品の宅配もできます。そして一緒に和合むら応援企画を考えたりしましょう♪

和合むら http://www.wagoumura.jp/