凍み餅フェスタを開催しました。

【イベント実施報告】

IMG_4784
7月11日(土)の凍み餅フェスタ、6名のお客様にお越しいただき、この福島伝統の保存食を囲んでなごやかな時間を過ごしました!

この企画の呼びかけ人は、那須野 拓実さん。
鶴見にご実家があり、昨冬、数年ぶりにレアールつくの商店街を歩いていたとき、ふらりとkura-cafeに立ち寄って下さったことからご縁が始まりました。

那須野さんプレゼン

まずは、那須野さんが凍み餅と生産地である福島県棚倉町の魅力を紹介。
日本地図で見る棚倉町の位置、棚倉町の美しい風景写真、材料のことなど、この日のために準備してくださったプレゼンテーション資料に引き込まれていきます!

凍み餅フェスタ

そして、凍み餅の作りかた。スタッフも漠然としか知らなかったのですが、今回、なんと那須野さんが棚倉町へいき生産者に独自取材~! 作りかたをこの日のために聞いてきてくださいました。

IMG_4772  ← 凍み餅を水で戻している様子

みなさんは凍み餅がなんであの形をしているのか、ご存知ですか?それは雨どいで成形しているからなんです。
他にも、ごぼう葉と米をくだいて粉状にしてまぜる、など手間暇かけたつくりかたを紹介していただきました。福島の風土に根ざした貴重な食文化だなあとつくづく感じました。

IMG_4780 フライパンで焼く

フライパンで焼き、砂糖醤油で付け焼きにするデモンストレーション。
出来立てのアツアツは最高です!

揚げ凍み餅

ホットケーキミックスで揚げた凍み餅は、とっても美味。まるでドーナツと大好評でした。
お客様の提案で、ハチミツをかけてよりおいしくいただきました。

IMG_4788

参加者の方と凍み餅をつつきながら、これをどう次世代に受け継ぐかが課題ですね、とお話しました。
凍み餅づくりワークショップ、棚倉町でやりたくなってきました!この食材をとおして見えてくるものが一杯あります。

☆凍み餅について知りたい方はこちら。→ 福島スローフード連絡協議会
棚倉町のおもてなし名人吉田さんが出演されています。

☆この日の凍み餅のメニュー・レシピはこちら。

  1. 砂糖醤油焼  ・・・フライパンに少しの油を入れ、両面をこんがりと焼く。やわらかくなったら、砂糖醤油をじゅっとかけてからめる。
  2. えごまもち ・・・えごまの実をフライパンで煎り、香りが出たらすり鉢でする。砂糖と塩少々を入れてまぜ、蒸した凍み餅にまぶす。
  3. きなこもち ・・・きなこと砂糖、塩少々を混ぜ、蒸した凍み餅にまぶす。
  4. 鰯ふりかけもち  ・・・鰯ふりかけにダシしょうゆを入れ、蒸した凍み餅にまぶす。
  5. ホットケーキミックス揚げ ・・・水にひたした凍み餅を好みの大きさに切り、ホットケーキミックスの衣をつけて揚げる(5分くらい)。好みで、砂糖、ハチミツなどをまぶす。

IMG_4775