塩わらびで手軽に郷土料理

【西会津町のおいしいもの紹介】

IMG_9796

保存食にハマっています。みそ汁の具がワンパターンになったとき、寒くて買い物に出たくないとき、具だくさんの煮物をつくって、食卓をほっこりさせたいとき。アク抜きと下ゆで済みの塩わらび、とっても重宝します。

福島県西会津町は、軒下まで雪が積もるという豪雪地帯。西会津出身の方が、一年をとおして一番いい季節は、山菜摘みの頃だとおっしゃいます。春5月、待ちに待った春が来て、わあっと田んぼの溝や道端にふきのとう、山に入るとわらび。わらびはたくさん摘んで、塩漬けにするのだそうです。

 こらんしょ村

塩わらびを製造販売しているのは、「奥川こらんしょ村」。西会津町の秘境と言われる奥川地区のお母さんたちが、地元の農産物を使い、熱い思いと工夫で郷土の味を商品化しています。

塩わらびは、5月に採れたわらびを2度塩漬けし、約2か月という時間をかけて作られたもの。銅鍋でさっと湯がいてアク抜きしてあるので、下処理の手間がかかりません。塩抜きさえすれば、いろいろな料理に使えます。

【塩抜きの方法】

IMG_9826
適当な長さに切り、ボウルなどに水といっしょにいれて、水を取り替えながら一晩~一日置きます。ほんのり塩気が残るくらいが食べごろです。

【調理例】

・さっと煮
IMG_9794
塩抜きした塩わらび、厚揚げ、棒状に切ったこんにゃく、揚げ、ニンジンなど好みの具材をフライパンで軽く炒めてだし汁、醤油、みりんなどで味付け。火が通るまでさっと煮ます。

IMG_9799
あまり煮すぎないほうが、わらびのサクッとした食感を楽しめます。厚揚げなど、すぐ火が通る食材を使うのがおススメです。

・味噌汁
揚げや具だくさんのみそ汁の具に。寒い地方の方は、納豆汁にも入れるとよいと教えて下さいました。

・そのままお浸しに。
火が通っているので、塩抜きしただけで食べられます。鰹節などたっぷりかけて。

IMG_9893

いつもの料理が、塩わらびを加えただけでなつかしい郷土料理に早変わり。ぜひ、おためしください。

IMG_9658

塩わらび 200g  ¥574 (税込¥600)
奥川こらんしょ村

 

 

※この記事は西会津町の福島特定原子力施設地域振興交付金事業に基づくものです。