岩手県大槌町から産地直送「海の幸で晩ごはんセット」販売します!

 

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町。生産者は工場を津波で失いプレハブの加工場でがんばっています。今回はスタッフ一押しの大槌の海の幸をお届けします。

お申し込みは申込書をお送りください。

【セット内容:さんまのみりん干し3本入り・茎わかめの南蛮煮90グラム・塩蔵わかめ200グラム・浜娘(日本酒甘口)4号瓶】

CIMG1229CIMG3247IMG_9745IMG_9716

●岩手県大槌町について

岩手県上閉伊郡(かみへいぐん)大槌町は、岩手県の中程の沿岸部、太平洋に面したところにあります。宮古市や釜石市と隣接している小さな町です。

CIMG7953CIMG7890

町には大槌川と小槌川が流れ、川がつくった平野に多くの人が住んでいます。

大槌湾には「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった「蓬莱島」(ほうらいじま)があります。ひょうたんが縦半分海からの顔をのぞかせたような形をしており、地元でも「ひょうたん島」といわれています。町では正午の防災無線で「ひょっこりひょうたん島」のテーマ曲が流れています。

CIMG9733

●東日本大震災について

町は2011年3月11日の東日本大震災での地震が引き起こした大津波と火災により、壊滅的被害を受けました。

人口1万5千人の小さな町で、中心部の8割が津波でながされてしまいました。亡くなった方は777人・行方不明の方は952人でした。中でも当時の町長はじめ、課長クラスの職員が全員行方不明となり行政機能が麻痺し、孤立した状態がつづきました。IMG_5448

●私たちと大槌

私たち株式会社イータウンは、横浜で市民活動をする団体で結成した「くらしまちづくりネットワーク横浜」に参加して、2011年5月から毎月1回大槌町へ訪問し、炊き出しや足湯、サロンなどを行ってきました。2013年から現在まで、地域活動やコミュニティビジネスのお手伝いに30回弱通わせていただいています。様々な困難がありながら地元の再生にむけて汗をながし動きつづける町のみなさんの顔が目に浮かびます。

CIMG8422CIMG9232CIMG7933

●今回おとどけする狙い

今回セットにした商品は調理は簡単で到着したらその日の晩ごはんに使えます。ぜひこの機会に大槌の海の幸の品質を確かめてください。食べ物をとおしてこれからも大槌町とつながり続けましょう。

商品は町内で活動する「おばちゃんくらぶ」のご協力で現地からお送りします。仮設住宅等で主に手作りの作品づくりと販売をとおして、くらぶのみんなが集まり笑いあえる場をつくっているグループです。セットの購入はこの活動の応援にもなります。

IMG_5412IMG_0346IMG_0328

●今回のセット内容

★さんまのみりん干し

IMG_6629 CIMG1718

焼くだけで食卓の主役になる大きなみりん干しです。甘すぎず、みりんが魚の旨みを引きたてます。冷凍保存で3か月もちます。

大槌町赤浜の越田鮮魚店さんがつくっています。震災でお店も住まいもすべて流され一時は辞めようかと悩んでいらっしゃったのですが、現在はプレハブの店に移転して家族で営業しています。明るいお母さんは、商品を作ってお客様にお届けすることが元気の源だと言っています。

 

 

●茎わかめの南蛮煮

IMG_9784IMG_9736

茎わかめとピーマンを弱火でゆっくりかき混ぜながら煮込んでつくった佃煮です。甘く、ピリ辛の風味は白いごはんがすすみます。おむすびの具にもよいですし、お豆腐や餅にもあいます。食べるラー油とあえて野菜につけおつまみにする方もいらっしゃるそうです。

つかっているのはわかめの葉・茎・規格外の部分です。ピーマンと一緒に煮込んで、もろみそ風の佃煮にするのは大槌ではめずらしくない家庭の味です。

作っているのは「マリンマザーズきりきり」さん。養殖に携わるお母さんたちが平成12年にたちあげ、規格外のほたてやわかめを捨てるのはもったないと加工品を始めました。震災ですべて流れてしまいましたが、吉里吉里のわかめをみなさんに食べてほしいと、食堂「よってったんせぇ」をたちあげて運営しています。

 

 

●塩蔵わかめ

CIMG3247IMG_4171

前述の「マリンマザースきりきり」さんの自慢の塩蔵わかめです。塩がきつくないので10分ほど戻せば使え、柔らかくなめらかな食感になります。サラダにしても味噌汁にしても、一度使うと違いがわかります。

このわかめは三陸の荒波でそだち、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。最も若いうちに採取されたものを厳選して使い独特の処理で製造しているので、2カ月以上保存しても変質しません。200グラムで入っており、たっぷり使えます。

●日本酒 浜娘(限定ラベル 大槌魂)

IMG_9716

日本酒・浜娘は味わいのある甘口で女性も飲みやすい味です。さんまのみりん干しや南蛮煮によくあいます。大槌町の赤武酒造さんは明治29年創業、現在5代目と6代目がやっています。震災で蔵はながれてしまい、現在は盛岡で酒づくりをしています。大槌の復興への願いを込めた「大槌魂」のラベルは数量限定です。

【セットの内容】

・さんまのみりん干し3本入り

・茎わかめの南蛮煮90グラム

・塩蔵わかめ200グラム

・浜娘(日本酒甘口)4号瓶(720ML)

 

【価格】  送料込み 税込価格

1セット 3,980円

2セット 7,380円(手作りおさかなコースター付)

※2セットは同じ配送先に一つの段ボールでまとめてお届けいたします。また2セットご注文の方には大槌のおばちゃんたちが手作りしたカレイのコースターを1枚プレゼントします。

【申込方法】

必要事項を記載してkura-cafeか港南台タウンカフェの店頭にお持ちください。もしくはFAX・メールからお申込みいただけます。

【連絡先】

電話・FAX:045-574-3317  メールアドレス:kura-cafe@e-etown.com

【注文票】

ご注文票  チラシはこちらです→海の幸セットチラシ

【受付期間】

2016年3月11日~5月31日

【配 送】

大槌町からご自宅や職場に直送します。発送まで10日ほど頂戴いたします。

【お支払方法】 

kura-cafe・タウンカフェ店頭での現金払いいただくか、申し込みが成立した後所定の口座にお振み下さい。(振込手数料はご負担ください。)

※アンテナショップkura-cafeは日・月・祝はお休みを頂戴しています。