栄川酒造さんのお酒

IMG_3937

お酒のおいしい季節となりました。

この秋、福島県西会津町の老舗 栄川酒造さんから届くお酒の種類を大幅に増やしました! kura-cafeのイベントにも、積極的に参加してくださっている石川純一社長にそれぞれのお酒の特徴をお聞きしました。

IMG_3952

kura-cafeでなんといっても人気なのは、「水の音」。アルコール分が13℃以上14℃未満と低めなので、女性にもおススメ。軽くてスッ~と飲みやすいお酒です。大粒の酒専用の米「五百万石」を100%使用。西会津ナイトでもお飲みいただき、さらにファンが増えました。

「水の音」 300ml ¥378 / 720ml ¥1,080  (※以下、価格はすべて税込です。)

IMG_3937

あっさり型の飲みやすい「はしご酒」。アルコール分は14℃以上15℃未満と一般的です。水の音と同じ米「五百万石」を使用しているので、スッキリとした味わい。本醸造60%に精米しています。

「はしご酒」 300ml ¥400 / 720ml ¥1,050

IMG_3923

西会津町の人気キャラクター「こゆり」の名がつけられたさっぱりとしてフルーティーなお酒。アルコール分15℃以上16℃未満で、少し高めです。「封を切らず1年くらい冷蔵庫に置いておくとさらに味がよくなりますよ」と石川社長。

この話を聞いて実際に1年飲むのを待ったお客様がいらっしゃいます。先日kura-cafeに来店され「本当においしかったです。1年待ったかいがありました!」そして、2本目をご購入いただきました。

「こゆり」 720ml ¥1,350

IMG_3925

「しぼりたて」は、甘口のこってりとしたお酒。濃口の原酒タイプです。オンザロックなどにして、じっくりと味わってください。お酒が本当に好き、という方にもってこいのお酒です。

原酒「しぼりたて」 720ml ¥1,380

IMG_3940

めったに手に入らない数量限定の「純米吟醸」。通常、お酒は精米60%が一般的ですが、45%にまで精米し、米の芯の部分だけを低温下でじっくりと仕込んでいます。甘くもなく、辛くもなく中味。まろやかで、香りがよくフルーティーなお酒です。

「純米吟醸」 300ml ¥540

 

これらはすべて、吟味した醸造好敵米と、西会津の豊かな自然が生み出す澄んだ水を使用してつくったお酒です。石川社長によると、「米、水は酒の命。安全性を第一と考え、常に専門分野の方々に分析を依頼し、安全で安心して召し上がっていただける酒造りを目指しています」ということです。

さて、どのお酒を選びますか?

 

 

 

※この記事は西会津町の福島特定原子力施設地域振興交付金事業に基づくものです。