棚倉ナイトを開催しました

IMG_8100

レアールつくの商店街で恒例の『七夕夜市』が行われた7月2日(土)夕刻、福島県棚倉町の生産者さん、町役場の皆さんを迎えて棚倉ナイトを開催しました。

IMG_8008
いつもの商店街が、七夕飾りで賑やかです。

IMG_8025
生のブルーベリー、甘くておいしい「こわなし玉葱」、おばけせんべい、おからドーナツなどなど。棚倉町物産振興会の皆さん、町役場の皆さんが、町の特産品の販売を行いました。

IMG_8026
昨夏の棚倉ツアーに参加したお客さまも来店。「ひさしぶりね~♪ブルーベリーのジャム作り、ほんと、たのしかったわ~」

その頃、kura-cafeの店内では、30人分のお食事の準備中。棚倉町から届いた新鮮な野菜を使って調理します。

IMG_8052
奥州棚倉うどんをサラダ風に。
タレは、えごまドレッシング入り。黄色いズッキーニも使って、お洒落な盛り付けです。
IMG_8031
じゃがいもを使った味噌かんぷらは、福島の郷土料理。濃い目の味付けで、クルミ入りです。お酒が進みそう~。

IMG_8046
右上の料理は、豚の角煮ブルーベリー味です。ブルーベリージャム、ブルーベリージュース、ブルーベリー酢を使い、隠し味に醤油を少し。ボランティアスタッフ末本さんが試作を重ね、酸味のある驚くほどさっぱりとしたオリジナル料理に仕上げました。

IMG_8036
うれしいことに、この日は仕事体験プログラムの皆さんも参加。てんてこ舞いのキッチンは、とっても助かりました!

CIMG7702
準備が整い、さあ、いよいよ乾杯です。
棚倉町物産振興会会長で丸八製麺代表の金澤守雄さんをはじめ、棚倉町から7名の方が来てくださいました。

CIMG7689
こちらもかんぱーい。初めて参加される方、グループで毎回参加くださる方も同じテーブルを囲みます。

IMG_8072
ブルーベリー愛クラブの会長蛭田さん。もう何度も、kura-cafeに足を運んでくださっています。
この日、朝4時に起きてブルーベリーを摘み、パックに詰めてここ鶴見まで持ってきてくださいました。なんと、500円玉サイズのブルーベリー『チャンドラー』もその中に含まれていたそうです。

CIMG7728
「棚倉町に行ったことのある人~」
棚倉ナイトは、通算7回目の開催です。手を挙げて下さる数がだんだん増えてきたように思います。
人口は、約14500人。神社仏閣が多く、歴史と伝統、趣のある落ち着いた雰囲気の町です。
京都と深いかかわりがあり、東北の小京都としてPRしているそうです。

お客さまの数人にもマイクを渡し、お話しいただきました。

IMG_8090
棚倉町の歴史に詳しいお客様。冬の棚倉ツアーにご夫婦で参加してくださいました。

IMG_8077
地区センターの館長さんグループ。福島の食材を使った試食会を秋に開催するそうです。

IMG_8087
福島市出身で、現在は横浜市内に住んでいるお客様。

「震災や原発事故はつらい出来事でしたが、その一方で、いろいろな人との出会いがあり、こうした機会につながりました。ふるさと福島を見直し、いい所だったと、あらためて考えるきっかけになりました。」とお話しくださり、会場の皆さんが頷くご様子がとても印象的でした。

IMG_8091
棚倉町のクイズが行われ、豪華景品もたくさん当たりました。

CIMG7720 棚倉夏2016表

来たる7月28日(木)~29日(金)は、魅力体験ツアーin棚倉『ブルーベリー狩り 夏野菜まるかじり』が行われます。チラシが配布され、「棚倉町での再会を」を約束し、会はお開きとなりました。

ツアーはただ今募集中です。棚倉町に行ってみたくなったというかた、ぜひお申込み下さい。
お申込み・お問い合わせはkura-cafeまで →045-574-3317