棚倉町に稲刈りに行ってきました!

10月25・26日の週末に、福島県棚倉町に稲刈り体験と自然&歴史満喫の旅に行ってきました。5月に田植えをした人もそうでない人も、この日を楽しみにしていました!

DSC06582

棚倉町玉野地区の10名ほどの方と合流して作業開始です。

慣れない手つきであたふたしていたら、鎌の入れ方、稲の束ね方、細かいコツを町の方から教えていただきました。

鎌を水平にいれるんだ、しゃがまないで膝はのばして、とは言われても、そんなにうまくはできないです・・・農家の方々の無駄のない動きは美しいですね。

DSC06663 DSC06675

バインダーも操作させていただきました!場所によって土のぬかるみ具合にばらつきがあり、

ヨタヨタヨタヨタ、難しい。写真の彼女はどうしてもバインダーは操作してみたかったそうで

「普段はシャイなんですけどあの時ばかりはピンときて、やってみれて幸せです!」とのこと。DSC06716

がんばれ~もう少し!!

かれこれ2時間ほど作業を続けました。昔稲刈りをしていたというご年配の方はさすが根気づよく最後まで汗をかき働き続けていらっしゃいました。子どもは途中であきて、田んぼの中の昆虫探しに夢中でした。

DSC06657

なんとか刈り終え、作業終了との合図におもわず万歳しました。

DSC06726

刈るだけ刈って稲を田んぼに放置してどうするんだ~と農家の方は冗談まじりに怒られつつも、2時間ほどの作業を終えたら次の工程へ。風呂に入ったあとの交流会。

交流会では田植え・稲刈りとお世話になった須藤さん親子を囲んでインタビューをしました。

どうして農業をはじめたのですか?もうかりますか?・・・などなど。

10ほどの質問とそのお答えは、12月発行の当店フリーペーパーそらみんに掲載されます。

DSC06747

DSC06768

疲れてよく寝た翌日は午前中自由行動。

かご編みチームは鈴木先生に教わりました。鈴木さんはアケビのつるで見事なかごを作っていらっしゃる達人ですが、今回は初心者むけに素材はラタンです。

DSC06925

DSC06959

歴史堪能チームは八槻都々小別神社の宮司を務める家柄の八槻家住宅を見学。

CIMG0531

90歳のお祖母様から昔話をお聞きして、家宝をみせていただきました。CIMG0591

CIMG0552

さらには、さしみこんにゃくを製造する「つるりんこん」の古市さん家で試食をいただき、得した気分の歴史探索チームでした。

CIMG0615CIMG0618

最後の工程は山本不動尊の参拝。130段の階段を登っている参加者のみなさん。登っておりてきたみなさんの顔はどことなくすっきりしていました。

DSC07026

これで、全工程を無事に終了。

5月、7月、10月と3回にわたって棚倉町を訪問させていただきました。頻繁に伺うことで棚倉町のみなさんと参加者のみなさんが顔みしりになり、またよく来たね~、元気でしたか~、なんて会話が生まれてちょっとした親戚のような関係になりました。

こういった人と人とのつながりこそが最大の収穫。今後も棚倉町との交流、つづけていきたいと思います!