西会津まち自慢

kura-cafeマガジン『そらみん』vol.5に掲載されました、西会津まち自慢ページを紹介します。

住民によるわがまち自慢

★渡部佳菜子さん(キュートな雪下キャベツ農家)

西会津のいいところ… 四季があり自然が豊かだから、水が美味しい。 水が美味しいから、お米も野菜もキノコも山菜も美味しい。 食が豊かだから、人が元気で生き生きしている。…そういう全てが繋がって西会津の魅力になっています。

★三瓶純一さん(奥川地区のまちづくりのリーダー)

清流「奥川」の4月1日の解禁日には、全国から釣り人が集まります。6月第3日曜日には、地区住民皆がスタッフとして関わる「奥川健康マラソン大会」が開催され、今年は40回目になります。食味コンクール日本一に輝くお米も採れます。残雪の飯豊山・高陽山・鏡山は絶景です。

★鈴木二三子さん(みその専門家 黒米味噌本舗 )

西会津町は8000年前に出来たと言われる飯豊連峰に連なる山々に囲まれた穏やかな所です。北限南限の植物に加え太平洋側と日本海側の植物があり、遺伝子の十字路です。 そんな中私の村は昔から「米どころ」と言われてきました。それは土が粘土を含んだ豊かな土だからです。 鍬使いの農作業は厳しいけれど育てた農産物の味は絶品で濃厚です。 ぜひ散策においでください。

※詳しくはこちらのページからご覧ください。
そらみんvol.5が発行されました