苦くておいしい ふきのとうピクルス

【西会津町のおいしいもの紹介】

今年も、福島県西会津町からふきのとうピクルスが届きました~♪

IMG_6384 (1024x683)

春の訪れとともに、西会津の田んぼやあぜ道、野山に一斉に顔を出すふきのとう。その独特の苦味とシャキッとした歯ごたえがそのままピクルスになりました。「珍しいですね!」と思わず手に取る方も多く、ちょっとしたプレゼントとしても人気です。

そのままでもおいしいのですが、目先を変えて生ハムと一緒にオープンサンドにしてみました。

IMG_3653 (1280x853)

【特徴】ふきのとうがそのままの姿で入っています。甘すぎず、さっぱりとした後味が特長です。ふきのとうの緑は天然の色。着色料、保存料は一切使われていません。日光や蛍光灯の光にあたると変色が進むので、お早めにお召し上がりください。

【おススメの食べ方】そのまま、おかずの一品に。わかめなどの酢の物、ちらしずしのトッピングにもおススメです。お皿に載せるだけで、ぐっと季節感が出ます。

SONY DSC

奥川こらんしょ村の皆さん (右端が三瓶さん)

【作り手の想い】 「ふきのとうはだいたい4月中旬に顔を出しますが、今年は春が遅かったから、待ちわびて、待ちわびて~。春の訪れとともに、みんなで一斉に摘み取りました」と生産者『奥川こらんしょ村』の三瓶たかさん。加工所のポリシーとして、余計なもの(添加物など)を足さず、自然の味を大切にしているそうです。だんだん色があせるのは安全な証拠。県の検査施設で、検査を受けて出荷しています。

IMG_1701

↑ うれしいニュースがあります!同じ「奥川こらんしょ村」のそうめんかぼちゃのピクルスは、福島県が地元の加工品の中から年に一度表彰する「ふくしまおいしい大賞」の優秀賞に輝きました。

西会津の春の息吹、自然の味わいをどうぞお楽しみください。

IMG_1631

『ふきのとうピクルス』  固形量80g/287円(税込 310円)  奥川こらんしょ村

 

 

※この記事は西会津町の福島特定原子力施設地域振興交付金事業に基づくものです。