西会津雪国ツアーのご報告

雪国まつり

寒の戻りが激しい今日この頃ですが、今年の冬は近年稀に見る程の暖冬でしたね。そんな中、先月実施致しました西会津雪国ツアーの様子を遅ればせながらご報告させていただきます。今回はたくさんのご家族連れのご参加をいただき、大勢の子ども達を含む総勢32名で行って参りました。

バス車内nisiaidu

まずなんといっても最も驚いたことは、雪の少なさ!これまでの雪国ツアーとは全く印象が異なりました。西会津に入っても、あちこちに地面が顔を出す斑模様…。路上の積雪はほとんどありません。これには地元の方も戸惑われている様子でした。

到着後、一同は選択制プログラムにより二手に分かれて行動。例年ご好評をいただいている「雪下キャベツ堀り」コースと、新プログラム「会津木綿さっぱかま(猿袴)ワークショップ)コース」の2コースです。

キャベツ堀

今年はかろうじて雪下…という状態のキャベツ達でしたが、お話上手な佳菜子さんが楽しく盛り上げて下さり、皆さん収穫を楽しまれたご様子。収穫体験後は、おなじみ栄川酒造様にて酒蔵の見学とたっぷりの試飲を満喫。

会津木綿

会津木綿コースは、参加者になんと「さっぱかま」をオーダーメイドでプレゼントして下さるという太っ腹企画☆ 会津木綿は古くからこの地域に伝わる伝統工芸品。木綿平織りの堅牢な織物で、汗をよく吸い、保温性に優れ、動きやすい…農家の知恵が詰まった逸品なのだとか。会津の農家の女性達は、農作業のできない冬の間にせっせとこの布を使ってさっぱかまのような野良着を作り、農繁期に備えるのだそうです。

採寸さっぱかま

今回は、美しい反物の中から好みの柄を選び、採寸していただき、ポケットやリボン等のワガママにも応えていただきました!出来上がりが楽しみです(*^^*)

ワークショップ後は、外の雪を利用してアイスクリーム作りを体験!想像以上美味しさはやはり会津の牛乳と卵、そして愛情がたっぷり入っていたからでしょうか…?

アイスづくり

コース後は再び合流して、雪国まつりの会場へ。小雨がぱらつく中ではありましたが、子ども達は銀世界に大はしゃぎ!

雪遊びCIMG5567CIMG5568

伝統行事「歳の神」や見事な雪上花火を見せていただきました。「鶴見御一行様」への花火が上がるサプライズも!

CIMG5580キッズコーナー

その後いよいよお待ちかねの交流会へ。会場にはたくさんの人が集まり、テーブルには心尽くしの御馳走がずらり。お酒もたっぷりいただきました。西会津の皆様の温かいおもてなしの心…やはり、このツアーの最大の魅力はこれに尽きます。小さなお子様連れの参加者の為にキッズコーナーを用意して下さる等、細やかなご配慮にも感激しました。

翌日、残念ながら願いは叶わず、あいにくの雨模様…。開催中止を余儀なくされたプログラムも少なくありませんでしたが、テントの下で「第1回ジョセササイズサミット」を見届けることができました。じゃんけんゲームでは、当ツアーの参加者の方が壇上に登るひとこまも。その後雨が強まり子ども達は体育館へ避難。屋内でも楽しめるプログラムが用意されていたのは幸いでした。天候悪化により雪上運動会への参加は棄権せざるを得ませんでしたが、アメニモマケズ、数名が桐下駄飛ばし全国大会に参加。受賞は逃しましたが、頑張りました!

徳永さん桐下駄飛ばし

締めくくりに道の駅よりっせにてお買い物をして帰路へ。ベテランドライバーさんの運転で順調・快適に鶴見・港南台まで帰って参りました。

雪の少なさと雨という厳しい条件下でのツアーとなりましたが、参加者の方がそれぞれに、西会津での心温まる思い出を持ち帰ることができました。西会津町の皆様、ありがとうございました。