見て楽しい食べて満足!雑穀・豆ごはんの素

img_5044

島根県吉賀町の『雑穀・豆ごはんの素』は、栄養たっぶりのふっくら香ばしいご飯を炊飯器で手軽に楽しめる商品です。

すべての原料を自分の田んぼで育て、「炊飯器のふたを開けた時に喜んでもらえるように」と加工に工夫を凝らした作り手の思いを伺いました。

img_5075

『雑穀・豆ごはんの素』を製造しているのは、有限会社サジキアグリサービスの茅原久子さん。吉賀町で農業を営む農家さんです。たい肥による土づくり、低農薬、減化学肥料栽培にこだわり、原材料の黒米、白大豆、小豆、緑米、そば米、もち米は、自社の圃場で播種から収穫まで管理しています。

とくに古代米の黒米と緑米は、一般の米と別作業で育てるため手間がかかります。全てが手作業。コンバインも使わず、手で刈りとって天日干ししているそうです。

img_5082

商品化に際して工夫した点は、雑穀だけにせず豆を入れたこと。見た目にも楽しく、満腹感があります。白大豆と小豆は煎って加熱しているので、炊飯器のふたを開けるとぱあっと豆の芳ばしい香りが広がり、ほおばると豆のうまみと食感が楽しめます。

「炊飯器のふたを開けた時、『わぁ、こんなふうに炊けた~!!』と喜んでもらえるようにと思って。」と茅原さん。

img_5034

雑穀・豆ごはんの炊き方は、炊飯器に洗った白米3合をいれて水加減し、本品大さじ2杯を加えるのが標準ですが、お好みで加減してください。

ご家族のお好みで混ぜる量を増やしたり、豆を入れなかったり、逆に豆を増やしたり。いろいろな炊き方を楽しめそうです。

img_5055

味わい深くて、飽きのこないおいしさ。ご飯はほんのりとしたピンク色です。こんな素朴なおにぎりを作ってみたくなりました。

img_5052

工程の一つ一つに手間がかけられ、吉賀町の自然の恵みと作り手の思いが詰まった商品です。

cimg8377

雑穀・豆ごはんの素 130g ¥509 (税込み¥550)

㈲サジキアグリサービス  島根県吉賀町