kura-cafeで手づくりワークショップ

IMG_2100 (800x533)

kura-cafeでは、手作りの良さを感じていただきたい、楽しい時間を過ごしていただきたいと少人数のワークショップを行っています。
6月26日(木)は、4回目のワークショップ『小さなお守り飾り さるぼぼをつくろう』を開催。ただ今、参加者募集中です。

■これまで開催したワークショップのご案内

これまでkura-cafeで行ったワークショップを、少しご紹介しましょう。

CIMG2179

『親子で手づくりこんにゃくをつくろう』 (2014.3.27)

長野県の阿南町の和合むらの手作りこんにゃくキットを使って、こんにゃくをつくりました。ミキサーで混ぜたりこねたり、春休み中のお子さんも大活躍! 皆さんこんにゃくをつくるのは初めてでしたが、作りたてのこんにゃくの味、食感は最高でした。

CIMG2344

『新聞紙でおすそ分けバックをつくろう』 (2014.4.24)

「柿やみかんや、ちょっとしたものをおすそ分けするとき、手づくりバックに入れて渡すと、気持ちも伝わりますよね~」。エコクラフト作家 阿部貞子さんに教わりました。それぞれ個性あふれる素敵なバックに、クッキーを入れてお持ち帰りいただきました。

CIMG2426

『手づくりの絵皿をつくろう』 (2014.5.8~10)

ご近所の「陶芸工房いちよし」さんとのコラボレーション♪。小さなお子様と、そのママさんが数組ご来店。「パパ、きっと喜んでくれるよ~。こんな模様が良いかな~❤」と、仲よく相談しながら父の日のプレゼントをつくる姿が印象的でした。

 

そして、6月26日(木)は、『小さなお守り飾り さるぼぼをつくろう』です。
教えて下さるのは、鶴見在住の土田あき子さん。今年の3月11日、kura-cafeに手づくりのお地蔵様を持ってきて下さった方です。レアールつくの商店街に追悼の言葉が響き、黙祷を行った日のことでした。

CIMG2054

その時は、お名前も名乗らずお帰りでしたが、その後地域の情報紙を通じて、お寺などにたくさんのお地蔵様を寄贈された方だとわかりました。

土田さんは、絹の布を使って、センスの良い作品を数多く作られています。今回は、ハートマークが可愛らしい風船かずらの種を頭にしてつくる小さな小さなさるぼぼを、教えていただくことになりました。

CIMG2435

  • 日 時 : 6月26日(木) 10:30~12:00
  • 参加費 : 500円 (コーヒー、材料費を含む。)
  • 講 師 : 土田あき子さん(鶴見在住)
  • 持ち物 : 針、糸(いずれも細めのもの)、はさみ
  • 定 員 : 5名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます。)

お申し込みは、kura-cafe ℡045-574-3317 メール:kura-cafe@e-etown.com  または、直接店のスタッフへ。

kura-cafeのワークショップは少人数ではありますが、お客様どうし、そして、お客様と店スタッフの距離がぐんと縮まる気がします。時にはコーヒーを飲みながら、時には、あれこれ楽しいおしゃべりをしながら。。。

これからも、様々な企画を考えてまいります。
みなさまのご参加を、お待ちしています。