kura-cafeの和紅茶

IMG_4281

温かい飲み物の恋しい季節となりました。

kura-cafeらしい紅茶をお出ししたい。日本で作られた美味しい紅茶をゆっくり楽しんでいただきたい。そんな思いから生まれたカフェメニューが和紅茶です!

紅茶というと輸入品を思い浮かべますが、実は日本の各地で作られています。紅茶好きの店長がこの秋に向けいろいろな地域から取り寄せ、飲み比べをしてきました。

そして、スッキリとした味わいで、紅茶らしい紅茶!と選んだのが佐賀県の紅茶専門店『紅葉』で販売している伊勢紅茶です。

CIMG3562

せっかくの和紅茶。普通のカップ、急須では味気ない。鶴見在住の土田あき子さんに相談しました。土田さんは今年の3月11日、手作りのお地蔵さんをkura-cafeに持ってきて下さったご縁で、さるぼぼ作りのワークショップの講師もお願いした方です。

冷めないように、温かみが感じられるように。

CIMG3565

「こんなのいいんじゃない?急須に座布団みたいなもの履かせて、ひもでキュッと締めて。」「さるぼぼもつけましょうか。茶托とセットにしたら?」と、土田さん。見たことのないような新しいアイディアが、次々に飛び出します。

器は、商品としても置かせていただいている大社焼(石川県)作家松本昭二さんにご協力いただきました。温かみのあるお湯呑は手にやさしく、雰囲気がぴったりです。

CIMG3618

↑ こちらが、松本さんの大社焼のコーナー。真葉手(しんようで)という生の葉をそのまま焼き付ける独自の手法の作品もあります。

IMG_4275

このように、kura-cafeに関わりのある方々の思いが結集してできあがったのが、この和紅茶です。

CIMG3808

ストレートはもちろんミルクティもおいしい「伊勢紅茶」は、三重県産の無農薬有機栽培の葉を使用。季節の和紅茶として「しょうが紅茶」(国産生姜を使用)もカフェでお出ししています。

こだわりの和紅茶でほっと一息。いかがですか?

伊勢紅茶 ・ しょうが紅茶   いずれも¥400 (税込)です。